大人げないシークレットルアーを公開!その名は…

シークレット

世の中には様々なシークレットルアーというものが存在し、それらが公開され多くのアングラーに広まっていくと、やがてそのルアーパワーは落ちていき、当初の反応は得られなくなります。そして皆が忘れた頃に使うとまた釣れるというような事がよく起こります。亀山ダムでは2017年頃をピークにスワンプクローラーのリンタロウ、クマタロウカラーが猛威を奮っていましたが、湖上で出会うアングラーが全員と言っていいほど、そのカラーのスワンプをリグる様になると、ある時からパタリとバスからの反応が無くなりました。そして私はその頃からハードルアーに回帰していたのですが、ハードルアーとは別に、実は私が考案したシークレットルアーが存在しています。このシークレットルアーの威力は絶大で、これを教えた仲間からは違法薬物と揶揄されるほど、バスからの反応がエグいズルいルアーなのです。(シークレットとは言っていますが、私の知り合いは大体知ってますw)

事の始まりは、ある時、何の気なしに結んだ小さいチャターベイトがとても良く釣れる事を知り、使い込み始めたのが発端です。使い込むうちに、チャターベイトの弱点である根掛かり易さを何とか出来ないかと考えるようになりました。根掛かりに強くて、どこにでも投げ込めて、フッキングもいいチャターベイトがあれば強力な武器になると思っていました。そんなある日にいつもの様に釣具屋さんをパトロールしていると、ある物が目にとまりました。

デコイのスイッチヘッドです。「これは使える」これを見た瞬間に閃いてしまったのです。そして市販のチャターブレードとオフセットフックを組み合わせて出来たのがコレでした。

様々なワームをチャターベイトとして使える言わばチャターリグとでも言いましょうか。ブレードやヘッド、フックサイズそしてワームをアングラーの自由な発想で組み合わせれば、このリグの可能性は無限に広がるんじゃないか?などと妄想を膨らませながらニヤついていると、無性に現場に行って試したくなってきたわけです。ちゃんと泳ぐのか?フッキングはどうなのか?ワームは何を着けようか?そんな事を考えながら釣具をイジっている時こそ、釣り人にとって至福の時なのであります。そしてとりあえずはチャターベイトのトレーラーの定番である、ピンテール系のワームをセットして釣り場で泳がせてみると…ちゃんと泳ぐ…てゆうか…良い!

イメージ通りの泳ぎに気を良くして、釣れそうな所に投げて巻いてくると、ブルブルブル クンッ!?バシャバシャ 釣れたw  あっさりと釣れてしまいました。サイズこそ小さかったものの、自分で作ったルアーでイメージ通りに釣れた喜びはとても大きかった事を覚えています。しかしこれは序章にすぎなかったのです。

このリグにマッチするワームは無いか?と思案していた所、運命的な出会いをする事になります。みんな大好きゲーリーヤマモトからこのワームが発売されたのです。

そう、ヤマタヌキ⒉5です。意外と今まで無かったテール形状に可能性を感じ、このリグにセットしてみるとこんな感じに。

そして実際に泳がせてみたところ、目を疑うような衝撃が走りました。か、かわいい!!

タヌキのシッポをフリフリと泳いで来るアクションを目の当たりにし、これは釣れる!と確信しました。私がルアーを選ぶ基準の一つに、「可愛さ」があるのですが、ソフトルアーでこの基準を満たしたのはヤマタヌキが初めてでしたwそのカワイイ泳ぎを見ているだけでも楽しいのと、MLくらいのベイトタックルで気持ちよく飛んで行く遠投性能、そして通常のチャターよりも根掛かりが少ない事から、キャスト回数が増え、釣りのリズムがとても良くなる事を感じました。しかし最もこのルアーが秀でている性能は、バスにスイッチを入れてバイトさせてしまうところにあります。管理釣り場で使おうものなら、周りのアングラーを出し抜く事が容易になりますw年々厳しさを増す亀山や高滝のバスでさえスイッチを入れてしまいます。世の中にはイモグラブやカバースキャット、レッグワームやスワンプクローラー等、他にも沢山の釣れるルアーがありますが、それらよりも圧倒的に効率良くエリアをサーチ出来、遭遇したバスに口を使わせてしまう魔力を兼ね備えたこのシークレットルアーは、多くのバスを私や友人にもたらしてくれました。

さて、前置きが長くなりましたが、このシークレットルアーにはとっても可愛い名前があります。その名は…

チャタヌキ✨そうです。チャターとヤマタヌキを掛け合わせてチャタヌキですwこの思いつきで組み上げたチャタヌキですが、実は奇跡的なバランスの上に成り立っているのです。先程も記載した通り、ブレード、ヘッドの重さ、フックサイズ、ワームの組み合わせ次第で、無限の可能性があるリグなのですが、その中から偶然にも黄金バランスの組み合わせが見つかってしまったのが、このチャタヌキなのです。

では、チャタヌキを作るのに必要なパーツをご紹介します。

1.デコイ スイッチヘッド5g

米源釣具店 楽天市場店
¥440 (2024/06/20 22:08時点 | 楽天市場調べ)

2.コーモラン チャターブレード25

フィッシング遊
¥363 (2024/01/28 21:39時点 | 楽天市場調べ)

3.カルティバ 直リグ リングドフック#1 

4.スプリットリング #2

組み立て方は簡単で、まず、スイッチヘッドのピンを抜き、カーブの大きい方のピンをブレードに通してヘッドに戻します。次にスプリットリングを付けて、フックを付ければ完成です。

そして最後に、チャタヌキにはとても重要なキモがあります。私が使い込んで導き出した釣れるアクションと言うものがあるのですが、それはなにか?と言うと「千鳥らない」事です。チャター好きの方はご存じかと思われますが、ブレードをこのように曲げて千鳥が出にくいセッティングにします。ブレードを曲げずにセットすると、千鳥り過ぎて釣れません。

貼り付けた動画を見てもらえればわかるように、チャタヌキがロールしていないことがわかると思います。ロールアクションが入れば千鳥りやすくなり、ウォブルアクションが出ていれば千鳥りにくくなります。巻いていて、手元に伝わるブルブル感がフッと消える時があれば、千鳥アクションが出てしまっています。あくまでキモは千鳥らずにブルブル小気味良い感触が手元に伝わってくるようなアクションが出ていることです。通常チャターベイトはブレードのセッティングとトレーラーワームによってアクションを制御するのですが、ヤマタヌキは小さいのでアクションを制御する効果は弱いので、ブレードの調整によってアクションを調整することになります。

使い方は簡単で、投げてボトムまで沈めてから巻いてくるだけです。バスが上ずっていれば沈めずに巻いてきてもいいですし、フォールでもズル引きでもカバー撃ちでも釣れてしまいます。釣れなくて困っている方はもちろん、初心者から上級者、子供や彼女につらせたい方まで、幅広く楽しんでいただけるルアーだと思います。そしてこのルアーには、皆さんのアイデア次第で無限の可能性が秘められていると考えております。私もまた新たな爆釣ルアーを考えられるように日々妄想を膨らませようと思いますw

コメント

タイトルとURLをコピーしました